« 覚悟-その行為の前にII | トップページ | あけおめ~、もとい、恭賀新喜 »

2004.01.20

コメントする勇気と傷のないつながりと

前の記事に頂いたトラックバックで、

Tokyo Forum:
近所の人ん家に出かけてみよう!
より
>まずは、共通する感覚を持っている人の所へ行って、コメントを残してこよう。

以前の記事へのトラックバックでも言われたことがあるのですが、要するに「つながなければ、つながらない。」と。

辛いなぁ。「積極性がない」って言われ続けてきたしなぁ。。。
「それができてりゃこんな人生歩んでませんっ(;_;)」って泣いてみたり。

とコメントしようと思っていたらこの記事を見つけて。

skyward: 喧嘩なんて売ってないのに…より
>反応したい記事があっても見送ることのほうが多い。自分が何か断定的で乱暴な書き方をしてしまうのも恐いし、気をつけて書いても相手が過敏に反応することが恐い。
>「私はそんなつもりで書いたわけじゃないのに喧嘩売られた…」と凹む人がいるとしたら、私はその時「私はそんなつもりで書いたわけじゃないのに悪者にされた…」と落ち込むことだってあるわけですよ。ええ。

そうそう、と強くうなずいてみる。
人と人とのつながりである以上はどんなに思いを巡らせたつもりでも避けられない誤解や諍いがあるのはある意味当然で、お互いがこういう思いでいたらいつまでも「つながれない」のも分かっていますが、前にも書きましたけれどもやはりネットでまで傷つきたくはないというのが先に来るわけでして、世間の"成功者"やJ-POPの歌詞がいくら「傷つくことを恐れずに」と言おうと。
少々はイヤな思いもしてきたしいわゆる「事件簿」も見てきていますから何もネットが理想郷だなどとは思っていません(どころか一種の恐怖感は常にあります)が、ナゼかこういう「やりとりの世界」には"ウォーム"(←大平健「やさしさの精神病理」より)なものばかりを求めてしまったり。

で、「誘われ待ち」で座り込んだまま時だけが過ぎてゆく。FFXIでも...(え?)

|

« 覚悟-その行為の前にII | トップページ | あけおめ~、もとい、恭賀新喜 »

コメント

こんばんは。
トラックバックありがとうございます。

コメント(0)、トラックバック(0)からの脱却は、まず自分がどっかにコメント残すことだと私も思います。
私もそこからスタートしました。
blog以前からもネットの知り合いはいて、ゲストブックに書き込んでくれる人はそこそこいましたが、blogという形式が珍しかったのかなかなか書き込んでくれず、しばらくは(0)が続きました。自分が人のところに書き込んだり、参考にして書いたサイトにTB送信したりしているうちに、自分のところへのコメント、TBも徐々につくようになって今に至ります。
私は、ネットで傷つくのは恐くなかったりします。というか傷つくほど繊細ではないのですね(笑)。逆に傷つけちゃうほうが恐いです。目の前にいないだけに、想像力で間合いを取らなきゃならないでしょう。現実の人付き合いの方がずっとラクだー*と。

ぐだぐだと書き込んでスミマセン。

投稿: ソラ | 2004.01.20 21:47

nariと言います。

まぁ~、あまり深く考えずに、取り敢えずはコメント付けてみてはどうでしょう(^^)

始めてしまうと怖いという感覚も分かりますが、始めない事には始まりません。

誰でも最初は赤ん坊だったわけですし、誰でも最初は初心者なので。

その後の成長が問題なわけだと、私は思うんです。

まぁ~、怖かったら、私の所の記事で練習してもらっても良いですよ(^^)


では。

投稿: nari | 2004.01.20 22:23

こんにちは。先日はどうも。
今、CONCORDEさんの記事を読んでいたのですが
何となく、理解はできるのですが
いまひとつ納得できないのです。
何が、納得できないかといいますと
「今の自分」が好きなのか、嫌なのか
ハッキリしないのです。
ちょっと、それについてコメントいただけませんか
また、今僕はコミュニケーション論(大げさですが)
という記事を書いています。
できれば、その記事に対する感想を頂けると
有難いのですが。コメントトラックバックお待ちしています
では。

投稿: it1127 | 2004.01.21 19:44

ソラ さん、 nari さん
あたたかいコメントありがとうございます。
ネットワークコミュニケーション自体でいえばそれなりのフォーラム歴がある以上(少なくとも免罪符的な意味では)初心者というわけでもないのですが(^^;、年を経るごとにナゼか気後れの度合いが大きくなってきたような気もしていたり。
キーボードに手が行く前にも、こうしてキーを叩きながらでも、画面の前で考えこんてしまう時間は確実に長くなってきています。
・・・今もちょっと言葉がまとまりません(^^;、続きはまた記事で...出来る限り...m(_ _)m。

it1127 さん

>「今の自分」が好きなのか、嫌なのか

それは難しい質問(;_;)
自分を責めはしません(できません)が開き直りきれてもいない、といったところでしょうか。
「変えたいか?」という問いにはイエスですが
「じゃぁ何かしてるか?」という問いにはノーですね。
答えになっていないかもしれませんが。。。

投稿: Tristar@管理人 | 2004.01.22 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/119307

この記事へのトラックバック一覧です: コメントする勇気と傷のないつながりと:

» ■年賀状 [it1127の日記 ]
母と姉の年賀状を作った。自分は年賀状は作らない。6年前に止めた。それでも懲りずに年賀状をくれる友人が数人はいる。申し訳ないと思いつつ無沙汰を決め込む。インターネ... [続きを読む]

受信: 2004.01.21 21:17

« 覚悟-その行為の前にII | トップページ | あけおめ~、もとい、恭賀新喜 »