« いつのまにやら、あと9日! | トップページ | 拝啓ライブドアさま »

2004.06.24

湿れる松明のごとく


ブックマークに入れて毎日巡回していた、それなりの人気があった(と思われる)、そしてうなずける記事のいくつかでコメント/トラックバックをつなげあったブログが、ひとつまたひとつと更新されなくなり、やがて「Not Found」になってしまったりする。

理由を知るすべもなく、そもそも「自分の巡回先だった」という身勝手(?)な理由ではあるけれども、やはりただただ寂しく思う。


"ブログする"ということはもう「ブーム」としかいいようがない状態ですけれども、瞬間「わっ」と燃えてそして冷めてしまうのでは、その、何と言うか...そりゃあんまりにも切ねぇ、切なすぎますぜ、と。


とある会でのある先生のスピーチに「湿れる松明のごとく」という表現があったのですが、始めたからには細くても長く続けてゆきたい、じっくりつながってゆきたい、と、私は思うのでした。

|

« いつのまにやら、あと9日! | トップページ | 拝啓ライブドアさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/829083

この記事へのトラックバック一覧です: 湿れる松明のごとく:

« いつのまにやら、あと9日! | トップページ | 拝啓ライブドアさま »