« その前提条件にどうやって持っていけばいいのか | トップページ | 社交でもなく、喧嘩でもなく。 »

2005.07.12

トラックバックの認知度

ブログの認知度が調査するたびに上がって「×割に達した」とか、いやそりゃまぁこの現状で認知度が上がるのは驚きでも何でもないはずなんですが(笑

さて『トラックバックの「認知度」』ってどれくらいなんでしょうか。

つい先日も「ブログ始めたのですがトラックバックっていったい【何ですか?】」と。
いやそれを1行チャットで伝えるのはとてもとても難しいミッションな訳ですが。
(※注:FF11やってる最中にそんな会話があった)

「んじゃ自分でちょっと調べてみます」と言われたので慌てて

「どこかのブログのエントリに触発されて何かを書いたときに、」
「そこに"関連したことを書きましたよ"とお知らせをする機能のこと」

と説明してみたのですが(間違いではないよね?ね?)。

いや、あの、調べるといってもですね、、、これだけ「トラックバックのあり方」論が百花繚乱の状態では、知ろうとすればするほど混乱の深みにはまるだけ、のような。
どこかのブログサービス業者を使うとして、その提供元の説明文くらいではイマイチ分からなかったとしたら、どうやって「トラックバック」なるものを理解すればいいのでしょう...「"正しい"トラックバック」の解自体が混乱の極みにある今。


まぁたぶん自己に対する自己の日記としてのみ機能している大多数には実際には使うことのないしくみと...一応調べてみたら送信経験者4割弱?(出典:第16回:Blog に関する調査-gooリサーチ:2005年6月の調査らしい)
・・・意外な多さ。

トラックバックとは?・・・「やってみたら分かる」というか「してみないとなかなか理解しづらい」概念のような気がするのですが、
ポリシー百花繚乱でなかなか気軽にはいかなくなりつつあるのかも。特にそれでなくても緊張する「最初の一つ目」においては。


比較的早期に始めておいて良か.....何もアドバイスできませんが(泣

|

« その前提条件にどうやって持っていけばいいのか | トップページ | 社交でもなく、喧嘩でもなく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/4946122

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックの認知度:

« その前提条件にどうやって持っていけばいいのか | トップページ | 社交でもなく、喧嘩でもなく。 »