« かつて、「ブロガーのオフ」というものがあった。 | トップページ | 今日のイヤミ »

2005.08.25

「個人情報付きの興味の履歴」

注目エントリーを眺めてさんざん楽しんでいる立場で言えたことでもないですが^^;
ソーシャルブックマークとやらの日本標準になった感のあるはてなブックマークのこと。

皆さんものすごい勢いでブックマークを増やしているようですが、ブックマークした本人が全部見られるものなんでしょうか?あれだけの数を^^;。
ブログでも時系列で(遡ってまで)はなかなか読まれるものではないとあちこちで言われますし実際その通りですが、そうやってブックマークしたものを過去に遡って...読まれます?本人"さえも"。


気になるのは、あのサービスを使うには氏名年齢住所等、個人情報の登録が前提になっているようなので・・・、

せっせと<個人情報に紐付けられた興味・趣味の指向(&嗜好)のデータ>を供出しているようなもの、のように見えるのですが、分析されて何か--自分の実生活に波及するような--に使われたら、とか不安にならないのかな、と思うのですが。

ブックマーク先を処理してみて、なんらかの指向性を見つけることは(たぶん)機械的にできているのではないでしょうか、もしかしたら思想信条みたいなものまで透けて見えるかもしれません。

それをサービス提供元(はてな)だけが行い得るとは限りません。見たところ多くのブックマーカーは自分のダイアリーなりブログなりを持っているようですから、そこに(ある程度識別できるような)個人情報を載せていたりすれば(はてなへの登録がどうのということとは関係なく)そういう分析が可能になるでしょうし。

もっとも「実生活上不利になること」の具体例も思い浮かばないのですが(笑)、誰かにそういう分析を把握される(かもしれない)ことへの薄気味悪さって、感じないものでしょうか。
せいぜいが「分析結果で性格判断!」なんていう程度の"ぬるい"話で済めばどうでもいいことですが・・・


-*-
近所のスーパーでも「ポイントカード」をやっています。100円ごとに1ポイントで、何百ポイントだか貯まれば何百円分の金券を出します、というアレです。もちろん"紙にスタンプ"でなくて、会員が持つのは磁気カード、記録は店舗側で管理、というしくみ。

皆さん嬉々として使っておられるのですが、それが<自分の個人情報に関連付けられた日々の買い物履歴が吸い上げられている>ことだ、という恐怖感になぜ結びつかないのかと...
もう少し日常から遠いフェーズ(百貨店とか、航空会社のマイレージとか)ならまだしも(*)、ホントに日々のことですよ?

その情報の対価はとても1%やそこらの割引率では割に合わないと、私なんかは思うのですが。

(*)それらも、私はどう考えても特典交換可能な利用実績に達しないのに入会したりはしませんが
-*-


まぁこのご時世、普通に社会生活をしようと思えばまず間違いなくどこかの誰かに生活の何かを把握されてはいるのでしょうが、漏れることを考えればやはり少ないに越したことはないし、せめて供出に見合うだけの対価は、と...いうのはソーシャル何とかの趣旨から言えばダメダメでしょうか?^^;


そもそも恐怖感からして杞憂でしょうか。

|

« かつて、「ブロガーのオフ」というものがあった。 | トップページ | 今日のイヤミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/5636300

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人情報付きの興味の履歴」:

« かつて、「ブロガーのオフ」というものがあった。 | トップページ | 今日のイヤミ »