« 解決できない文化の違いだとすれば、従うべきは自他どちらの文化なのか | トップページ | 下流ブログ? »

2006.01.12

トラックバックは読んだ後に。


○○○は読む前に。と頭につけたくて、思いつかなくて、結局あきらめた...というのはともかく。

いわゆる"言及リンク文化圏"独特の考えなのかもしれないですが、

トラックバックは「読んだあとの判断として」送るものだろう、と考えるし、
トラックバックが来たら、それは「読んでくれた結果として」のもの、であってほしいから。
好ましくは、「いくつかの」記事を読んでくれた結果として・・・

日々是自己主張より空気とトラックバック

検索トラックバックについては、僕自身、日ごろから好ましくは思っていないのだけれども、僕がそれを好ましくないと感じる最大の要因は、明らかにこちらの記事を読んでいないにもかかわらずトラックバックを送ってくることであって、それが「空気を読めない」言動だからではない。別にリンクがなくても言及がなくても構わないけれども、せめて送信先の記事を読んでからトラックバックしろよと思うのだ。

久々に来た!と思ったのも束の間、いかにもキーワードで拾われただけ、のものだったりするとどうしてもガッカリしてしまいますね。
根底に「読まれたい」という気持ちがあるから。
・・・まぁ、読まれた結果某所でネガティブな単語1つでバッサリやられていたりするのを見つけては凹みもするわけですが。

304 Not Modifiedより検索トラックバックありがとうございます。

私は関連トラックバックを否定はしません。(中略)しかし、普通のブログでは拒否する人もいます。それを判断するためにはどうしたら良いでしょうか。それは、過去ログをいくつか見てみるのが良いと思います。
(中略)トラックバックは相手のブログに自分のブログへのリンクを強制的に挿入する行為とも言えます。ですので、トラックバックを送る前に、相手のブログの雰囲気くらいは調べてみる努力をしましょう。

えてして送っても大丈夫だろうかと思い始めると悪い結果の妄想とそれでも送りたい気持ちのせめぎあいで無駄に時間を費やしたりするわけですが(苦笑-今のこれだってそうです)、
それでも送ってもよさそうかどうかちょっと考えてみる。そもそもブログで何のためのやりとりをしたいのか、という原点に立ち返りながら。


再掲
10%の(場の空気を読む)才能、
20%の(不愉快にさせない)努力、
30%の臆病さ、
残る40%は、まぁ...運かもしれませんが。

|

« 解決できない文化の違いだとすれば、従うべきは自他どちらの文化なのか | トップページ | 下流ブログ? »

コメント

こんばんは。TB頂戴しました。
言及していただいた記事のあとの記事でも書いたのですが、僕自身がTBを送る場合、相手に自分の記事を読んでほしいという気持ちは、実はあまりない場合が多いです。TBをあくまで「言及・リンク通知ツール」として捉えているので、特に批判的な言及・リンクをした場合に、半ば義務的に送信する場合が多いのが実情です。
正直、受信者あるいは受信者側の閲覧者にとって、送られたTBが役に立つとか立たないとか、気持ちいいとか不快だとかいうもっぱら主観的な基準でしかTBの送信基準を示せないのであれば、TBの機能なんていっそなくしてしまえばいいとさえ思います。
実際のところ、はてなブックマークのようなソーシャルブックマークの充実によって多くのブログが言及される機会が増えた現状において、世のブロガーがスパム以外の受信TBにどれだけの価値を認めているのかはぜひ知りたいところです。もし便利さよりも心理的な面倒くささのほうが勝るようであれば、やはりTBなんてなくしてしまえばいいというのが僕のごくごく個人的な考えです。

お初にて長々と失礼しました。

投稿: Akky | 2006.01.13 00:09

なるほど、純粋に「機能」としてのつかいかた、ということでしょうか。

私はどうしても「読む→反応→読む→(以下続く)」という"やりとり"があってナンボ、と考えてしまいます...
(だからTBとコメントの使い分けというのははっきりしていないかも、目的は変わらないので)


>スパム以外の受信TBにどれだけの価値を認めているのか

まぁ反応に困ることなきにしもあらず、とはいえ、少なくとも無いよりは嬉しいですね。ひとつ増えれば「お!」と思う(程度にしか来ない)境遇ですから。

投稿: Tristar@管理人 | 2006.01.14 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/8132675

この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックは読んだ後に。:

« 解決できない文化の違いだとすれば、従うべきは自他どちらの文化なのか | トップページ | 下流ブログ? »