« 大して変わりばえのないもう一つの世界 | トップページ | 此方での近さ、彼方での近さ »

2006.04.10

次こそは?

ポッと出て来て、
パッとスマッシュヒットを飛ばして、
サッと去る。
ささやかな成功体験と美しい記憶だけを残して...

それがいちばん幸せかもしれなかったりして。

こう、「昔」が出てくるほどやっていると、何かと、ね・・・


わたしたちはここで学んでいることを通じて、つぎの新しい世界を選びとるのだ。もしここで何も学びとることがなかったなら、次の世界もここと同じことになる。それはつまり、乗り越えなきゃならん限界、はねのけるべき鉛の重荷が、もとのままに残ってしまうことなんだ

─リチャード・バック著/五木寛之訳:かもめのジョナサン:新潮文庫:1977年

※ちなみに一つ前のエントリの題名もこの引用部より少し前の部分からとったもの


ブログの次には何が流行るのでしょう。

「次」こそは・・・

|

« 大して変わりばえのないもう一つの世界 | トップページ | 此方での近さ、彼方での近さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/9529576

この記事へのトラックバック一覧です: 次こそは?:

« 大して変わりばえのないもう一つの世界 | トップページ | 此方での近さ、彼方での近さ »