« 「ブログ」の読み方 | トップページ | 情報セキュリティ標語2006 »

2006.05.31

風に吹かれて

コトの始まりは "Where have all the bloggers gone?" というフレーズを思いついたこと。
試しにぐぐったら膨大な数がヒットして意気消沈。考えることは同じらしい(苦笑)。
でも「ブログの次」がはっきりしてきたら書いてみるかも。

そんなこんなで方針転換。


フォーク・ソングの「名曲」といわれる
ボブ・ディラン『Blowin' In The Wind(風に吹かれて)』から着想。
(ピーター・ポール&マリーのバージョンしか聴いた事が無かったりしますが)


いくつのエントリを上げれば
ひとはブロガーと呼ばれるのだろう
いくつブックマークされれば
ひとは満足して眠れるのだろう
そしていくつの迷惑な広告トラバが飛び交うのか
それが永遠に禁止されるまでに

仲間(とも)よ
答えは風に吹かれている
答えは風に吹かれている


どれだけのアクセスを集めれば
それを気にしない境地に立てるのだろう
どれだけの目をひとりが持てば
関連する話題を読み切れるのだろう
だけどどれだけ×を押さなければならないのか
見たくないものを見ないために

強敵(とも)よ
答えは風に吹かれている
答えは風に吹かれている


幾度アルファブロガーを仰ぎ見れば
かれらのように書けるようになるのだろう
幾年月続けることが出来れば
伝えたい相手に伝えられるのだろう
そして幾度怖い思いをすれば気が付くのか
あまりにも多くを書きすぎたと

仲間(とも)よ
答えは風に吹かれている
答えは風に吹かれている


※原詞も訳詞も探せばいっぱい出てきますが著作権的にどうなのか不明なため参考元は出しません

|

« 「ブログ」の読み方 | トップページ | 情報セキュリティ標語2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/10335235

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて:

« 「ブログ」の読み方 | トップページ | 情報セキュリティ標語2006 »