« その「玉」に宿りし光は-絶望を乗り越えた先に待つもの | トップページ | 石は石でも… »

2006.06.16

揉め事すんで日が暮れて

【炎上】
経済的には非常に低コストで、かつ強烈な異文化経験を体験できる仕組み。自分にとっての「普通」や「常識」が通じない人の存在を認識するきっかけ。
但しあまりに一方的に燃やされるため、しばしば再起不能になってしまい経験は活かせない。

……"悪魔の辞典"風に。

そんな言葉など無かった頃のネットバトルでも同じですが、至極普通だと思っていたことが通じない、否定される、というのがあって、いつしか「存在を賭けた闘い」の泥沼にはまり込んでゆくわけで。


いづれにせよ「次はもっと上手く(理解されるように)立ち回ろう」なんて殊勝な行動ができることは極めてまれであって、

思ふこといはでぞただにやみぬべき
我とひとしき人しなければ
伊勢物語より

となってしまいがちですが...。


昔のような喧嘩であれば、5年もすれば「あの頃はアツかったなぁ」なんて苦笑いで振り返ることも出来るかもしれないけれど、今のような"炎上"だとどうなんでしょうか。やはり3年5年経てば「苦笑いの過去」レベルに消化(消火じゃないよ)できるのでしょうか?


そんなことをふと思ったのでした。

|

« その「玉」に宿りし光は-絶望を乗り越えた先に待つもの | トップページ | 石は石でも… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/10542778

この記事へのトラックバック一覧です: 揉め事すんで日が暮れて:

« その「玉」に宿りし光は-絶望を乗り越えた先に待つもの | トップページ | 石は石でも… »