« 見よ、先駆者が受けし報いを-そもそも各社はブログサービスを始めるべきだったのかIII | トップページ | 見られる、読まれる……伝わる? »

2006.06.23

この広い訓練場で


この固定リンクのTrGrというのは Training Ground の略。もちろん略し方の元ネタはFF11の...


伝わる伝わらない・通じる通じないの話。

共感のつながりももちろんあるけれど、
おそらくリアルのつきあい世界と比べればお互いが「生きてきた世界が(お互い)あまりにも違うひとたち」でしょうから、極端なことはそれほどなくとも、どちらかといえば意図が伝わらない・常識が通じないという場面に多々遭遇することになるでしょう。

自分の理解を超えるようなすごい人が見つかるのがネットの面白さのひとつで、
自分の理解を超えるようなとんでもない人に見つかるのがネットのしんどさのひとつ。
たぶん表裏一体で、よい刺激ばかり、ということはない。

分かろうとする、
うまく避けようとする、
何とか伝わるようにする、
何とか受け流す、

なんであっても、『「通じない相手が居る」という事実を受け容れる』訓練、そして表現の訓練(ときに回避の訓練)になっているのだろうなと、パソコン通信の昔に考えていたことを思い出したのでした。


その「訓練の成果」が(ネットよりは振幅が小さいと思われる)リアルで役立った覚えもあまりないのが反省点。
まぁ口頭の会話と文章の会話ではやりとりにかかる(かけられる)時間が違いすぎますが。

|

« 見よ、先駆者が受けし報いを-そもそも各社はブログサービスを始めるべきだったのかIII | トップページ | 見られる、読まれる……伝わる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/10650871

この記事へのトラックバック一覧です: この広い訓練場で:

« 見よ、先駆者が受けし報いを-そもそも各社はブログサービスを始めるべきだったのかIII | トップページ | 見られる、読まれる……伝わる? »