« まだ煽りますか(苦笑) | トップページ | 啓徳の思い出/GoogleMaps香港 »

2007.03.28

たとえば、[ちょっと休憩☆]という価値。

受け止め方によってはものすごく失礼な言い草かもしれないのですが。

不倒城: 許せないブロガーと、怒れないブロガー。

そんな中、「怒れないブロガー」としてひっそりのらくらと書き続けていくにはどうしたもんかなー、と、私はなんとなく考えている。

「普通の感情で」書き続けることが出来るのなら、それが価値になるのではないでしょうか?
仰るように、周囲(のブログ)が怒りのパワーにあふれているとするなら、なおさら。


「許せない」に限らず、何かしらネガティブな感情、というのは、『発想のトリガー』というよりは『"読んでもらうために書く"ことの原動力』であるような気がします。 ですから「けなす言説」が多数派になるのは自然のことだと思います。
……そして私などは「「「それを書いても伝わらない絶望感」を書いても伝わらない絶望感」を(以下無限の繰り返し)」。


たいていの人は、いちど「ネットに向かう」ごとに数件から数十件のサイトを「見て回る」ものだと思います。
その多くが「負の感情によって書かれた」文章だとすれば、その途中で出会った「普通の感情で書かれた」文章は、その読者にとっては「ひとときの安らぎ」になるかもしれません。
可能性の話でしかないかもしれませんけれども、もしその人に何がしかの安らぎを与えられたなら、それで充分に「価値」といえるのではないですか。

文章の内容までは、まぁ・・・次の画面に切り替わったらほとんど揮発しているかもしれませんが(笑)、でもそれは他所のサイトでもたぶん同じことで。(だって、自分だって、そうでしょう?)
(だから一つの"嵐のような反応"をあまり真に受けることもないような気がするのですがそれはともかく)


えーっと、つまり・・・
誰かの画面に映っている間だけでもその人に何かを思ってもらえたら、もうそれでええやん、と。
それ以上を望むから、いろいろとおかしなことに……

|

« まだ煽りますか(苦笑) | トップページ | 啓徳の思い出/GoogleMaps香港 »

コメント

不倒城のしんざきと申します。TBありがとうございます。
随分お心遣いを頂いたみたいで恐縮です。

>「普通の感情で」書き続けることが出来るのなら、それが価値になるのではないでしょうか?

おっしゃる通りです。

別に意図してという訳ではないんですが、引用頂いたエントリーの最後の一文、実際のところかなり言葉足らずです。それ程ブロガーの野望(Koei的な)を持っている訳でもなく、「自分には「許せない」という程の強烈な動機はないけれど、それなりにモチベーションを持続して思いついたことを書き続けていきたいなあ、という程度のつもりで書きましたが、前段までが何しろくだくだしい為、はしょってみたら曖昧かつ意味ありげな一文になってしまいました。

今後も、「普通のテンションのブログ」を続けていこうと思っていますので、気が向いたらまたご来訪ください。ご指摘ありがとうございました。

投稿: しんざき | 2007.04.02 23:49

ネットで(従前から持つ人間関係の延長以外で)『「おだやかな感情」で普通に話(コミュニケーション)を続ける』ことのなんと難しいことか、というのが10年ちょっとやってきた正直な感想だったりします。

おかしな表現かもしれないですけど、がんばろうとしないで続けてください、と(^^;。
こちらこそよろしくです。

投稿: Tristar@管理人 | 2007.04.06 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/14432913

この記事へのトラックバック一覧です: たとえば、[ちょっと休憩☆]という価値。:

« まだ煽りますか(苦笑) | トップページ | 啓徳の思い出/GoogleMaps香港 »