« 「上得意様謝恩祭」は可能だろうか? | トップページ | CRM - Communication Resource Management »

2007.04.28

「宙ぶらりん」の楽しみ

「現代では、なにかを望めば、たいていのものは手にはいります」
「なるほど。そういう時代だった」
「ただし、物品にかぎります」
─藤原伊織『ダナエ』(乱歩賞作家 青の謎(講談社:2004年)所収)より─

ちかごろはたいていの情報も手にはいります:キーボードの前から動く必要もなしに。
それは間違いなく「進化」ではあるのですが。

たとえばくらしの中でふと浮かんだような「素朴な疑問」のたぐいというのは、あえて未解決の「宙ぶらりん」の状態で置いておくのもまた楽しみであるような。
仕掛けのわからないマジックのようなもので、からくりを知った途端に興醒めしてしまうことって、ないですか?

本屋に行けば『誰かに話したくなる』なんて銘打った"雑学"を集めた文庫本がいくつも平積みされていたりしますが、謎は謎で無くなった途端に忘れてしまうような気がするんですね、いわゆるトリビアであればなおさら(^^;。


いまの時代、「あえて調べない」というのもひとつの贅沢と言えるのかもしれません。


……ついこの前、他人の素朴な疑問に速攻でぐぐって差し上げまして。
我ながら無粋なことをしたかなと、そんなことを思ったのでした。

|

« 「上得意様謝恩祭」は可能だろうか? | トップページ | CRM - Communication Resource Management »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/14875467

この記事へのトラックバック一覧です: 「宙ぶらりん」の楽しみ:

« 「上得意様謝恩祭」は可能だろうか? | トップページ | CRM - Communication Resource Management »