« トラックバックURLから推測したココログ総投稿数の推移(1700万編) | トップページ | 『ネット』と『生きる糧』との距離 »

2007.11.11

ウェブ時代の憂鬱

ブログ(には限定されませんが、"しらないひと"とのネットコミュニケーション)において。

稀に「書いて良かった」思いを経験することはあるかもしれません。
逆に「書かなくて良かった」思いは誰しも経験があるのではないかと。

「書いたがゆえに」不幸に見舞われた例はそこらじゅうにあるでしょう。
しかし、
「書かなかったがゆえに」不幸に見舞われる、ことはありうるでしょうか?


何をどのように書いても誰かが、もしくは、自他ともに傷つくかもしれない、ことを分かっていながら、
それでも止め(られ)ない、というのは。
たとえば3年11ヶ月・これを含めて473ものエントリを残している私など。


他人事や他責のニュアンスではなく、その一構成員として。

"総表現時代"のなんと罪作りなことよ。

それでも「(冒険)しなかった後悔」よりも「した後悔」のほうが尊ばれるべきでしょうか、
「(失敗を恐れて)しなかった」ことより「やって失敗した」ことのほうを誉めよと申されますか、
(成功した)ベンチャー系のひとたちや自己啓発系(笑)のひとたちはそうおっしゃいますが。

自分が傷つくのは「三日坊主にななかった自分」の因果として。
相手もブロガーであれば「お互い様」の四文字に逃げこむこともできるけれども。
全くのROM、偶然の訪問者だったら……?


答え──というか弁明──は見つからないけど。
少なくとも開き直ることだけはしてはいけない、ような気がします。

だから、やはり、私たちは『反面教師』であるべきなんだ、と思います。

そなたの画面に映りしは、足抜け叶わぬ我が姿(2006.05)

|

« トラックバックURLから推測したココログ総投稿数の推移(1700万編) | トップページ | 『ネット』と『生きる糧』との距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/17047773

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ時代の憂鬱:

« トラックバックURLから推測したココログ総投稿数の推移(1700万編) | トップページ | 『ネット』と『生きる糧』との距離 »