« このような形で終わりを迎えるとは、思いもよりませんでした。 | トップページ | 変化し続ける文字列を、ゆるぎない基礎に乗せて。 »

2008.02.16

あきらめの 悪さが支える ブログ界

始めるまえは(わりと容易に)思いが伝わるものだと誰だって夢見ているもので。
始めてみれば(書けども書けども)伝わらない現実に誰だって愕然とするもので。

でも。
読まれも、どころかろくに見られすらしない現実を綴る私も、
"大手"ががっちりアクセスを押さえた現状の閉塞感を綴るあなたも、
ろくでもない反応ばかりが来ることへの怨嗟を綴るあの人たちも、
なんだかんだ言いつつ、止めないんですよね。

なんか、あらためて言うことでもないですが、世の中こんなにもあきらめの悪い人が多いのかと。
永遠の五月病というか(笑)。

まぁ、ことの善悪はともかくも、そういう人がいっぱい居て、いっぱい書き続けることで賑わいが維持できている面もあるのかなと、タイトルの一句をひねり出してみた次第。


|

« このような形で終わりを迎えるとは、思いもよりませんでした。 | トップページ | 変化し続ける文字列を、ゆるぎない基礎に乗せて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/40138002

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめの 悪さが支える ブログ界:

» [ネット]諦めきれず 今日も書きつつ [明日は明日の風が吹く]
CONCORDE: あきらめの 悪さが支える ブログ界  見られない事なんて分かっていて、でも見られたくて。今はここ(明日は〜)は見て貰えるようになって、結果として昔よりは良い状態になった。でも、今まで通りのままだったらきっと今まで通りの「読まれ無さ」だったんだろう... [続きを読む]

受信: 2008.02.16 23:06

« このような形で終わりを迎えるとは、思いもよりませんでした。 | トップページ | 変化し続ける文字列を、ゆるぎない基礎に乗せて。 »