« 全体にとってはロングテール、しかし個々人からは"コンビニのPOS"。 | トップページ | 無制限に「オープンで」「フラットで」あることの妥当性を再検証すべきだと思いませんか? »

2008.05.27

このブログは、「ネットの私」です。

ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね): このブログは私です。
よりタイトル拝借。

やわらかい語り口につい引き込まれそうになるのですが、あぶないあぶない(^^;。

……うーん、「ネットの私」は、やっぱりどこかで「私」とは違う感覚があるんですよ。

リアルでも言いまくってるような本音と、
この場でしか書けないような本音と、
リアルでも言うようなタテマエと、
ネットだから書けるタテマエと、
淡々と述べただけの事実と、
脚色しまくった物語と。

それらを織り交ぜて"創り出した"私。
「嘘」ではないですよ、けれど「虚像」と言い切れないわけでもない、そんな感覚。


……ああ、「ネットの」ですら無い、な。

オンラインゲームでの私。
SNSの中での私。
などなど・・・

やっぱり、すこしずつ違うんです。
お互い、他の場では「合わない」ことがほとんどなのは、そんな違いゆえ、でしょうか。


……そのほうが精神衛生上いいかもしれないのです。
前稿の話ではありませんが、
『「私が」死に筋』なのかと思ってしまうよりは、
『「その場における私の発信が」死に筋』だったんだと思うほうが、
まだ救われますから……

|

« 全体にとってはロングテール、しかし個々人からは"コンビニのPOS"。 | トップページ | 無制限に「オープンで」「フラットで」あることの妥当性を再検証すべきだと思いませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/41345633

この記事へのトラックバック一覧です: このブログは、「ネットの私」です。:

« 全体にとってはロングテール、しかし個々人からは"コンビニのPOS"。 | トップページ | 無制限に「オープンで」「フラットで」あることの妥当性を再検証すべきだと思いませんか? »