« (・e・) the survivor | トップページ | いちばん伝えたいことは、いつ放つのがいいのだろう。 »

2009.01.30

なんでソーシャルブックマークの『コメント』ばかりいつも主議題になるんでしょうね?

日本(語圏)において。
ソーシャルブックマーク(以下SBM)に関する議論(というかもめごと)は、いつもいつもそのブックマークに付随している「コメント」に関する議論(というかもめごと)であるような気がするのですが。

なんで?
原初の意図からすれば、おかしいとは思わないのでしょうか?

SBMというのはタグ付けによるフォークソノミー──分別ある分別──の一形態という出自をもつのではなかったのでしょうか?
そうであるならば、なぜ(タグ付けではなく)ブックマークコメントばかりが議論のメインになっているのでしょう?

出自からいえばあくまでタグが「主」であり、コメントは(あってもなくてもいい)「従」の存在であるはずでは?
なぜ寄ってたかってSBMのコメントを「主」と扱ってその内容やあり方ばかりを議論していますか、いわんやコメントによってコミュニケーションするなど。

客観的に見ていると不思議でしょうがないんですがねぇ。。。

|

« (・e・) the survivor | トップページ | いちばん伝えたいことは、いつ放つのがいいのだろう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/43907411

この記事へのトラックバック一覧です: なんでソーシャルブックマークの『コメント』ばかりいつも主議題になるんでしょうね?:

« (・e・) the survivor | トップページ | いちばん伝えたいことは、いつ放つのがいいのだろう。 »