« なんとなく、ノスタルジー。 | トップページ | そういうの、平時にせなあかんで、「リアルで」。 »

2009.09.04

上限・下限の範囲内で

書いたり読んだりを「楽しむ」というのは精神安定剤というか、こころを"いい状態に保つ"ためにすることであるはずで。


よく「何とかがんばってアウトプットし続けよう!」なんてブログ指南を見かけますが。
そーゆーのは仕事で──なにか非営利の活動家同志募集でもいいけど──するひとの話であって、
決してそうではないはずの大多数にとって、「がんばる」というのに"訓練"や"苦行"のニュアンスが含まれるのなら、むしろ「がんばる」ことを注意深く避けなければならないかもしれません。

逆に。
「書くことが次々あふれてきて毎日楽しくて仕方ありません」というのも、それはまことにめでたいことではあるのですけれども、見方を変えれば"依存の一歩手前"でもあるわけで、手放しで喜ぶことではないかもしれません。

どっちにしたって『根を詰める』というのはよろしくないと思うんですよ。

上限・下限どっちとも。
リミットスイッチを設けて、それにかかったらいったん止める、そんなイメージ。

デジタル思考なのか何なのか、なにかにつけ中途半端であることを嗤う傾向がとくにネットでは強かったりしますが、
何度も繰り返しますがあくまで趣味娯楽の範囲であるならば、むしろそういった「中途半端な状態」でなければならないのではないかと思います。


書いて終わり、ではなくてコミュニケーションを求めるなら、相手があっての話ですから自分の思い通りにはならないしモメることも避けられないです、趣味娯楽であってもこころの安定を求めていてもその部分の"覚悟"は必要ですけれど、だからこそ、せめて自分自身に対しては『根を詰める』ことのないようにしたいものです。

|

« なんとなく、ノスタルジー。 | トップページ | そういうの、平時にせなあかんで、「リアルで」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/46119993

この記事へのトラックバック一覧です: 上限・下限の範囲内で:

» [ネット]上限・下限の範囲内で: CONCORDE [明日は明日の風が吹く]
http://concorde.air-nifty.com/first/2009/09/limit_sw.html  なるほどねぇ、言われてみれば確かにそうだ。頑張る事じゃないしね。まあ、頑張る事自体が好きな人にとっては、たまたまこれがそうだったという場合もあるかもしれないけれど。それは頑張る依存症になってしま... [続きを読む]

受信: 2009.09.04 23:04

» 空き地の秘密基地は潰され、住宅地や駐車場になった。 [どんなジレンマ]
hrkt0115311上限・下限の範囲内で: CONCORDE http://bit.ly/LCT7b 趣味が趣味の範囲から逸脱しないようにするための、知恵だと思った。 ( 2009-09-05 00:05:27 )kugini@hrkt0115311 そう、それぞれの領分を守るのは大事だと思うのです(7月にやりあった話の延長線上でw) *... [続きを読む]

受信: 2009.09.05 01:21

« なんとなく、ノスタルジー。 | トップページ | そういうの、平時にせなあかんで、「リアルで」。 »