« 人生を続けるのも、ブログを続けるのも。 | トップページ | 発信者と受信者の思いは、そう簡単には重ならないから。 »

2009.11.18

その「差」の訳は何なのさ?

・・・個人的に今月は無理してるので(苦笑)。
3週間開いたのは自己最長だもんね...

不倒城: 5年経って学んだこと。:

そんなこんなで、エントリーを書かないまま三日経つ。一週間経つ。別にわざわざ「閉鎖します」などという文言を書く気はないが、いずれはこのブログもそうやってフェードアウトしていくのだろう、と思っていた。
ところが、二週間経ち、三週間経つ頃には、私の脳みそはどういう訳か再始動する。
(中略)
つまり、私は、「今書きたいという欲求が目減りしても、その内必ず復活する」ということを学んだ。

うーん。(あ、5周年おめでとうございます!)


続けるためのコツ - タケルンバ卿日記:
続けようと思わないことが続けるコツかなと。先のことを考えない。別に続かなくてもいいんだし、やめてもいいんだし、結果的に続いてたらおkくらいの気持ちでよろしいんじゃないのかなと。

うーん。

そこでほんとうにフェードアウトしてゆくひとも居る。たぶん数多居る

彼ら彼女らとあなたがたの「差」はどこにあるんだろう?というのが今ものすごく知りたい。
どこかに、確かに、「差」があるからお互いの今がある、はずだから。
その「差」こそが、続いた/続かなかった『真の』理由だと思うから。

ものすごく知りたい。


続けるためのコツ - タケルンバ卿日記:

反応を楽しみ、過去ログを見てニヤニヤしていれば結果的に続くと思うんだ。特段「続けよう」としなくても。

それもねぇ。
もう「来し方を振り返る」だけでも、かなりの期間を"食いつぶして"ゆけるんですよね。
たぶん検索経由のアクセスは維持できるような気がするし、
それこそ今までにいただいたニュースサイトのリンク/ソーシャルブックマークでのコメントを眺めているだけで、たぶん1年くらいはニヤニヤし続けることができそうな気がするんです(笑)。

まぁ前稿他で書いたような未練みたいなものもあるんですが、「書きたい!という衝動」ではないしねぇ(苦笑)。


フェードアウトする/しないの「差」を知りたい。
突き詰めると「気の持ちよう」という結論に至ったりして、それはちょっと救いがないかもしれないけれど...。

|

« 人生を続けるのも、ブログを続けるのも。 | トップページ | 発信者と受信者の思いは、そう簡単には重ならないから。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/46792006

この記事へのトラックバック一覧です: その「差」の訳は何なのさ?:

» [ネット]その「差」の訳は何なのさ?: CONCORDE [明日は明日の風が吹く]
http://concorde.air-nifty.com/first/2009/11/differences.html  私も2年ぐらいまともな更新をしなかった時期があるな。日記も週記みたいになってたし、「ひとりごと」の方も1ヶ月に1本の記事を書けたかどうかというぐらい。  他に楽しい事があったら、そうなってしまう... [続きを読む]

受信: 2009.11.18 23:16

« 人生を続けるのも、ブログを続けるのも。 | トップページ | 発信者と受信者の思いは、そう簡単には重ならないから。 »