« 「伝わらない」ことを実感するために、ネットに挑むのもいいかも。 | トップページ | ブログやTwitterを「選挙運動」に使うことには、明確に反対します。 »

2010.04.01

【速報】次世代のHTML50/CSS30ではイギリス英語が使用可能に

【2100年4月1日】情報筋によると、宇宙インターネット評議会(http://c!c.org)は1日、次世代のマークアップ言語である HTML50 および その表示を指示する仕様である CSS30 において、20世紀からの懸案であった、 colourcentre といった「イギリス英語」を使用可能にすることを決定した模様。遅くとも1年後の2101年4月1日以降に一般公開されるウェブブラウザはこの勧告に沿ったものであることが求められる、との声明を発表する予定であるという。


……というのはもちろん今年初参戦!のエイプリルフールネタでございますが、しかし。


前々から思っていて何度か書いてきたのですが、
例:HTMLの小ネタ(2004.01)
ほんと、これ、イギリス英語圏のひと、ストレスためてないのでしょうか、ねぇ...???

|

« 「伝わらない」ことを実感するために、ネットに挑むのもいいかも。 | トップページ | ブログやTwitterを「選挙運動」に使うことには、明確に反対します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/47962864

この記事へのトラックバック一覧です: 【速報】次世代のHTML50/CSS30ではイギリス英語が使用可能に:

« 「伝わらない」ことを実感するために、ネットに挑むのもいいかも。 | トップページ | ブログやTwitterを「選挙運動」に使うことには、明確に反対します。 »