« とある戦慄 | トップページ | 知ってほしいのは、「人」よりも「アウトプット」。 »

2010.07.29

ソーシャルメディアは、もう「終わった」んですよ。

量が質に転化した「しあわせな時代」は、もうすでに、過去の話。

『生存。社会化。娯楽。これが進歩だ。』(2009.06)

いつまでも量と質の「幸せな正比例の関係」は続かない。絶対に続かない。
どこかで「増えすぎた量が質を叩き壊す」ようになってしまう。

敷居と質の高低について、そして「どこから発信すべきか」ということについて。(2007.07)


冤罪とTwitter - novtan別館:

善意と事実のみで行われたことであればなかなか問題にしづらいけど、悪意と嘘で行われたらものすごい問題であるという正邪のギャップというか、正義が負担するコストというか、そういうのが大きすぎる。99%の善意を1%の嘘が台無しにする、というパターンですね。そして、正義を遂行する側は、1%の嘘は99%の正義のためなら些細なことだと感じてしまう、という点でも大変危ない。(中略)情報リテラシーの観点から言えば、このような他人を罪に陥れるような未確認情報は例え真実性があっても相手にしないのが正しいのでしょう。

もう蜜月は過ぎたのだから。
すでに書かれていることを真に受けるべきではなくなっているし、
ということはもう、"真顔で書き込む"ことに意味は無くなっている
あきらめきれないひとたちには申し訳ないけれど……

前々稿でも触れましたけれど、もはやTwitterは「大喜利会場または(主に政治的な)デマRT拡散装置」と化した、そのことに気付こうよ、ちゃんと直視してよ、と思うんです。

ちょっと前に話題になった、
ネットでの知り合いと初めて会うときの「使えるフレーズ&マナー」 ~「ツイ飲み」や「オフ会」で好印象を与えるには?~|石原壮一郎「大人のネットマナー教室」|ダイヤモンド・オンライン
Twitterやfacebookをビジネスにどう生かす:日経ビジネスオンライン
企業のこんな公式Twitterはいらない:久米信行「商売繁盛! ITの焦点」

などなどを見てひとしきり苦笑したあとで悲しくなるのです、
まだそんなことを考えているのですかと。

営利であれ、
政治であれ、
社会活動であれ、
とりあえずの人脈作りであれ、
もはや「デマRTと大喜利の巣窟」と化したTwitterに、今更のこのこ真顔で乗り込むなんて、「恥ずかしいこと」だと思わないといけないはずなのに。


量が質に転化した「しあわせな時代」は終わったんですよ。

Twitterに限った話じゃなくて。
ブログだって他の何だって。
「無制限にオープンな場」で、いつまでも量と質の「幸せな正比例の関係」は絶対に続かないのだから。

どういう使い方をすべきか、もはやどういう使い方しかできないのか。
自ずから分かるはずですよね。




|

« とある戦慄 | トップページ | 知ってほしいのは、「人」よりも「アウトプット」。 »

コメント

>「デマRTと大喜利の巣窟」
おお、キツいけどなんかわかる気がします!ネタをネタで返さないと"ネタニマジレス、カコワルイ"的にスルーされてしまうという場面は多々見られますね。
『半年ROMれ』という言葉は、現状のウェブコミュニケーションにおいて一番重要な格言だと思います。目の前のカキコミをマジレスかネタか判断することが難しい以上、とりあえずチラシの裏の落書きとして眉に唾してみることが処世術かな、と。

(それでもなお、そんな"チラ裏"にあえて名画を描いて世に問う絵描きがいることを常に期待してしまうんですけどね・・・。お絵かきSNSに住む私としては、そんな素敵な絵描きにはついあこがれてしまうのです。)

投稿: sbr | 2010.08.04 21:37

半年ROMって、さらに半年"ゆるい"ところで他愛ないやりとりで経験値ためてからいざ本来の目的へ…っていうくらいの段階は必要な気がしますね。
・・・ただでさえ流れが速い上に即戦力(思考|志向|嗜好)のネットでそんな悠長なことやってられるひとがどれだけ居るのかは不明ですし、時間が経てばそれだけ真顔案件には不利になってゆくでしょうけれども(笑)。

「名前を売る」可能性が全く消え去ったとは思いませんが(ただし、ネットの話題をさらうことが現実の売上や得票数や問題解決につながるかは不明)、ブームだから、なんて誰かに言われて今更おっかなびっくり始めてみた、なんてことでは、本文で書いたような「典型的な使い方」の渦に飲み込まれるだけ、なのにねぇ。

投稿: Tristar@管理人 | 2010.08.05 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/49008127

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルメディアは、もう「終わった」んですよ。:

« とある戦慄 | トップページ | 知ってほしいのは、「人」よりも「アウトプット」。 »