« 懲りずにおいでよ!─この、少しおかしなひとたちの集いに。 | トップページ | 「読まれる」ためのエントリを「作る」ということ »

2011.02.02

ネットは(まだ)「世間」ではない。ましてや、Twitterなど。

今週のAERAはトップ記事からTwitterネタ(続いてfacebookネタで、ソーシャルメディア特集の趣)でございました。

ございました、が……。

検索能力だけではないと思いたいのですが、当のTwitter上での反応がことのほか「薄い」。
個々人で「Twitterの風景」というのは違っていて、該記事への賛否はいろいろあるかと思うのですが、そういう問題ではなくて、反応の数自体が少ない。ほんとうに少ない。

……いつものことではあるのですが。

清々しいまでの、この断絶(2009.07)
ほかにも昨年も「現代の肖像」に某氏が出たわけですがやはり反応は乏しく。
Twitterを離れて、ブログ検索などしてみても状況は変わらず。


ネットに「住んで」いると、ついつい、その中で種々わいわいやっていること「だけ」が世間と思ってしまいがちですが、
(たとえ相手がネット論を展開していてさえも)まだまだネットには出てこない「世間」が、情報がある、ということ。

頻出語というのかバズワードというのか、ネットで、ましてやTwitterで流れる急上昇ワードを見て「世間を知った」気になっていませんか?


その、当たり前のことの再確認として。

|

« 懲りずにおいでよ!─この、少しおかしなひとたちの集いに。 | トップページ | 「読まれる」ためのエントリを「作る」ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/50759456

この記事へのトラックバック一覧です: ネットは(まだ)「世間」ではない。ましてや、Twitterなど。:

« 懲りずにおいでよ!─この、少しおかしなひとたちの集いに。 | トップページ | 「読まれる」ためのエントリを「作る」ということ »