« Twitterの上にも3年、そして。 | トップページ | むしろ「きりもみ落下体験」ができる、という…… »

2011.05.18

やっぱり「敷居」は必要でした、というおはなし。

20年前後かけて、ずっと敷居を下げ続け、間口を広げ続けてきて。
これだけ「誰でもが」「オープンに」「フラットな」物言いができる世界になりました、
なってみれば、そこは、ろくでもない……は言い過ぎでも、決して"すばらしい世界"ではありませんでした、という。

『さるさる日記』終了と「閉じてゆくネットコミュニケーション」 - 琥珀色の戯言:

たしかに、ブログは「簡単で、つながりやすいツール」だったんですよ。
(中略)
しかしながら、その「つながりやすさ」は、諸刃の剣でもありました。
人気ブログでは、ちょっとした言葉のアヤで「炎上」してしまう事件が頻繁に起こり、その一方で、大部分の「閑古鳥ブログ」には、誰も訪れてくれないという状況は変わりませんでした。
(中略)
そして、「大手」や「有名人」は、「つながりやすくなったために、あまりにも増えすぎたコメントやトラックバック」に対応できなくなり、どんどんコメント欄は閉鎖され、トラックバックは承認制になっていったのです。
(中略)
「もっとたくさんの人とつながりたい!」とみんな思っていたのだけれど、実際にそれが可能になってみると、むしろ、「めんどくさいつながり」の割合が、あまりに高いことに気づかずにはいられなくなってしまった。

敷居が下がりきった果てにわたしたちが見たのは、そんな光景。

とはいえ。

どんなに技術的に進歩しても、「ネットコミュニケーションが、より閉鎖的になっていくという流れ」には逆らえないし、それに適応できるサービスのみが、栄えていくのでしょう。

閉じてしまったら腐ってしまうし、それ以前に維持できないんですよ。
そこに情熱を傾けられる期間なんてたかが知れてるわけで、一人抜け、二人抜けしてしまって。
だから"新陳代謝"は必要で、でもあまりに"初心者"が増えても困ってしまう。

敷居が必要だったんです……「適度に高い」敷居が。

しくみとしては誰にでも開かれているけど、よほど強い興味がないと入らない(入れない)、というのがいいのでしょうか、黄金期一歩手前のパソコン通信の頃のような。
そんな「ちょうどいい状態」が維持できた例なんて、歴史的(!)にもほとんどないのでしょうけれど。



「リアルが充実していないと、ネット上でも充実した生活が送れない」

それは違う、と思いますよ。

本当のリア充は、「リア充」なんて言葉を知りません。
ネット業界に居るなら別ですが、「アウトプットの場としてのネット」になんて、興味も関心もないですから(、たぶん)。

だから(という接続詞が正しいかどうか分かりませんが)。

あなたのような、そしてわたしのような。
こうやって絶望しながらも、未練がましくごしゃごしゃ続けている姿というのは、たぶん誰にとっても「反面教師」であるのかもしれないですけどね(苦笑)。

関連→そなたの画面に映りしは、足抜け叶わぬ我が姿(2006.05)



|

« Twitterの上にも3年、そして。 | トップページ | むしろ「きりもみ落下体験」ができる、という…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/51708273

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり「敷居」は必要でした、というおはなし。:

« Twitterの上にも3年、そして。 | トップページ | むしろ「きりもみ落下体験」ができる、という…… »