« 『バカッター』よりも恐ろしいこと(Twitterで過ごした6年) | トップページ | 逆に『何年も見ているような個人ブログ』しかないです。 »

2014.12.03

それでも、コミュニケーションを待つ執念──ココログ11周年

ブログに「5年後」はない、と断言してから5年が過ぎてしまったような気がします。
あの頃の未来では、ブログ(ホスティング)サービスを止める事業者が続出している、はずだったのですが……。

どっこい、生き残っています。

ココログと、そして、1日おくれで始めたこのブログも11周年の日を迎えることとなりました。

ネット世界でこれだけの齢を「大過なく」重ねてこられたのはたしかにひとつの能力なのでしょうが、
自分のこととしてみれば怠惰を重ねてきた結果であったりもするわけでして。


……もちろん(?)寿ぐこともなく、後ろを振り返るばかりの、執念の周年エントリ。


そのブログもあのブログも静かに更新を止めてしまい、
さりとて新規開拓することもなく、
「巡回」という言葉が中身を失って、もう何年。

言及したいなぁ、と思うことは今でもいくつかあれど、
「言及先リンクを含めて140字以内に収める」術をうまく身につけてしまった。


わたしにとって「ネット歴」はそのまま「ネットコミュニケーション歴」であって、
なにかを書くのはいまでも「コミュニケーションを期待して」であって、
いまでも断じて、絶対に「自分のための備忘録」ではない。

とはいえコミュニケーションなんてものが消え去ってしまったブログ世界に抗う元気もなく、
「コミュニケーションについてのあれやこれや」というネタが無くなり幾歳月、
それでも毎日欠かさず管理画面にログインしてはアクセス数をチェックして、
記憶の限りの最低日間アクセス数をついに今年更新することに。

それでもなお。
言及しあうことができて、毎日見ていたあのブログに勝手に親近感を持つことができた、『幸せな時代』にデビューしたがために、やめるという決断ができない。


たぶん積極的に動くことはないけれども、積極的に動かないことによって、こうして「あえてやめる決断をする」必要に駆られないおだやかさを、平和を、守り続けてゆけたらなぁ、というところ。


まだしばらくよろしくおねがいします──くれぐれも「燃やさないように」よろしくおねがいします(笑)。

|

« 『バカッター』よりも恐ろしいこと(Twitterで過ごした6年) | トップページ | 逆に『何年も見ているような個人ブログ』しかないです。 »

コメント

お久しぶりです。ブログを長く続けることは世間の認識よりずっと難しいですね。ブログの真似事をしてみてそう思います。わたしは99.9パーセントROMですけれども、ブログには繋がりの薄さ寂しさがあって、でもだからこその自由もたぶんあって、ネットでなければ聞けない率直な告白や気取った(いい意味です)文章を読めることを楽しんでいます。でも、最近はみなさん、ブログよりTwitterのようですが・・・。

投稿: mint tea | 2014.12.05 19:11

こんばんは。

「普通の人」が「おだやかに」ブログをする限り、まぁ続くことはないだろうなと、リアルのごく狭い観測範囲の経験からも思います。自身の「普通さ加減」を知る、という意味ではいいんじゃないでしょうか(笑)

Twitterもどうなんでしょうね。一方的攻撃か知り合いとの馴れ合いのどちらか、という気はしますが。

「あるテーマに関して『おだやかに』やり取りをする」ということが、(一般ピープルがアクセスできる、オープンな)ネットから消えた、というのが真実の姿だと、思います。

投稿: Tristar@管理人 | 2014.12.05 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2663/60755982

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、コミュニケーションを待つ執念──ココログ11周年:

« 『バカッター』よりも恐ろしいこと(Twitterで過ごした6年) | トップページ | 逆に『何年も見ているような個人ブログ』しかないです。 »