« 2017年8月 | トップページ

2017.10.20

投票に関する「いい子発言」圧力と、危険な棄権デマに震える。

投票日が近づくと沸いてくるんですよね、

「自分が票を投じても(思うようには)何も変わらない」
当たり前やろ、その1票で変わるようなら、あんたすでに一般人ちゃうわ(笑)

……そこで。
おまえの願いを通したけりゃ「闇将軍」「フィクサー」「財界総理」目指してのし上がれよ!なんてゲキ飛ばすひとの10人や20人、居てもいいんじゃないの、と思うんですけどねぇ??


回答が揃いも揃って「それでも選挙には行きましょう」って、もうね。

日常どれだけふざけて、どころかモラル逸脱上等な発言繰り返していてさえも、投票行動──ただし国政の、しかも総選挙限定──についてだけは、揃いも揃って「道徳的」「優等生」発言しかしない(できない)、のは見ていて痛々しいんですが。

そういう発信しか許されない"暗黙の同調圧力"を、何とも思わんのかあんたら。

それが怖くて怖くて、ほんと身も凍りますわ。


「それでも選挙には行きましょう」、そこまでで抑えているなら別にいいんですよ。天下の正論だ。
だけど、これまた投票日が近づくと沸いてくるんですけれども、

棄権や白票は白紙委任に等しいから、今後そいつは政治(家)について一切の物申す権利を失うんだとか、そういう悪質なデマは断じて許されませんよ
日本国憲法第十六条(前段)に自分勝手な前提条件つけんといてくれるか?

闇将軍はともかく、そして選挙をないがしろにしていいわけじゃないけれども、
政治への参画は、自らの影響力の行使は、なにも選挙に行くだけじゃなかろうが。
ましてやモノ申す資格として「毎回選挙に参加し、かつ有効票を投じることが前提になる」とか、いいかげんなデマをまき散らすのは止めてほしい。


知っていますか?
物申すやり方、権利の行使のやり方、というのもいろいろあるんですよ。
たとえばなにかの圧力団体(という単語は義務教育で習ってるはず)に属することで要望を伝えていく、というのも真っ当な道のひとつ。
陳情や請願や署名を出したとして、だれかがそいつの選挙権行使履歴をいちいち照査するの?

選挙棄権したら政治に対して一切の物申す権利を失うんだとかデマをまき散らす馬鹿者どもへ。
日本国憲法第十六条を一読(できれば声に出して三読)したなら、己の不明を恥じて即時取り消していただきたい!
相当えげつないデマ言説じゃないんですかね、これ。
道徳もちだして他人の権利を、ましてや憲法に保障された権利を奪いにかかるとか、ほんと止めてほしい。


同調圧力かけてなにがしたいの?なにかいいことあるの?
……いいことあるんならイッチョカミさせてよ、しょーもないデマでも黙っといてあげるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ