« 2019年2月 | トップページ

2019.05.01

ネットをリアルと地続きにしか使っていないのはあまりにもったいないよ、という話。

昔なら全力で反論のトラックバック叩きつける話なのに送受双方からその機能が奪われて久しく、
せめて言及先が個人ブログならTwitterでもなんでも使って言及したと伝えたいところ匿名ダイアリーが相手ではどうしようもなく、
でも予定稿を予定稿で眠らせるのはもったいないから……

 

 

リアルとネットは別という感覚が良く解らない(はてな匿名ダイアリー):

おっさんおばさんの感覚なんだろうな。

 

若年、といってもアラサーくらいか、それ以下の世代は『「ネットとリアル」という分けた物言いが理解できない』などと上の世代に対して違和感を表明することがあるようですが:

 

そりゃまぁ、あなたがた、
ネットデビューが学校裏サイトかミクシィか、ともかく「リアルのつながりをネットに平行移動したもの」で、
その後もLINEで(リアルの)知人とキャッキャする(ことをホントは疲れてても演じる)ので精いっぱいだろうし、
少々意識が高い方面は本業か副業か起業かは色々あれど、かき集めた人脈を自分の銀行口座につなげるのに必死だろうから、
最初からネットはリアルに地続きで、他に知らないから、分けるという概念が理解できないのも分からなくはないです。

 

……というのは実年齢じゃなくネット歴短かけりゃたぶん同じで、同窓会連絡に便利だからと誘われて定年を迎えた5年前からFacebook始めました、なんていうひとたちにも「ネットとリアル」という分けた物言いは恐らく理解できないんだろう、と思いますが。

 

いや、いいんですよ、それはそれで平和……かどうかはさておき、リアル生活圏の範囲で止めてりゃ、
まぁ、想像を絶するような恨めしい出会いにぶち当たることはないだろうし。

 

 

でもね、何十回でも書くけれども、
それじゃあまりにも、もったいない、んですよ。
リアル知人で止まっていたら、「ネットコミュニケーションのみが持っている特性」の8割から9割を自ら捨てていることになる……って、気付いてますか???

 

昔書いたんだけど:

Facebookは滅びるべきである。(2011.12)

 

ネットコミュニケーションが他(のコミュニケーション)と大きく異なる点は何か、といえば。
<しらないだれか>と、<(リアルの)属性によるしがらみやフィルターを外して>話ができる、この点にあるはず。

 

 

今の時代、人脈を銀行口座につなげる努力みたいなものを全否定できるわけじゃありませんけど、

 

ネットを通じてコミュニケーションするのに「実名と所属を名乗れ」は控えめにしていただきたい。
リアルから──憂き世から──切り離したところで、
好ましくは政治経済や愛憎からも離れて、ただ自由に他愛なく、
実名や所属を名乗らずにいる、そこにこそ他の何とも違うネットコミュニケーションの特性があるんだ、ということに、どうか気付いてほしい、そう、パソ通上がりの古参兵は切に願うのです。

 

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ